最近つくづく思う事

弊社は個人商店並みの小さな会社です。ですので一般の皆様方から見るとあんしんどころか、不安な会社にも当然見えると思います。長々と書かれた私の手作りのチラシを最後まで全て読んでくれたお客様からお見積りのご依頼を頂いたりして、細々と事業を行っております。

そんな中で、今迄工事をして頂いたお客様から直接聞いた話になりますが、以前はどこの業者が良いか判らず、テレビなどでCMを流していて知っているし、会社も大きいから安心だろうと、建てて最初の塗装改修工事をお願いしたものの、翌年には屋根の塗膜が剝がれて、上から降ってきたので、やり直してもらったとの事。

やり直しは当たり前で、建てて最初の塗装工事が一年で塗膜が剝げて落ちて来るというのは、そもそも重大な手抜きが有ったからに他なりません。
その様な業者がやり直しをした所で内容は推して知るべしで良い工事はしないでしょう。案の定10年と少ししか経ってないのに、屋根の塗膜はきれいに剥げ落ちており、屋根そのものが傷んでおりました。

他のお客様から聞いたお話ですが、同じ業者と工事の契約をしたところ、アフリカ系の黒人の職人が来て、とても不真面目な工事内容だったとの事で、やはり建物の傷みも相当なものでした。
同業者として余りに気の毒なので見積もりには無い塀やドアの塗装もさせて頂きましたが、業者を選ぶというのは本当に難しいものと思いました。

今、このブログの文章を考えている最中に不思議なタイミングで今年2月~3月にかけて工事をして頂いた
千葉市美浜区のご契約者の奥様からお手紙が届きました。

差し支えない内容だけ有りのままに載せてみます。その方が皆様に弊社を理解して頂けるのではないかと思います。

残暑お見舞い申し上げます。

我が家のリフォームでお世話になってから早5ケ月。阿曽様におかれましてはご活躍のこととお察し致します。

2月から3月にかけて我が家をリフォーム(塗替え)して頂くにあたり、阿曽様はじめ職人の方々には大変お世話になり感謝しております。有難うございました。

今回こそ塗替えを失敗したくない!という強い思いがありましたので、業者選択につきましては時間をかけるつもりでいました。しかし、阿曽様の熱意あるセールスと、この人ならやってくれるんじゃないか、信頼できるかもしれないという思いにかられ、主人と決めたことが、あんしん工房さんとの出会いでした。
私たちリフォームをお願いする立場からすれば、マイホームに合った色の選択は重要ポイントです。
それも迷わず「いつもの色で」とお願いできる人ならいいですが、現状に不満がある場合は尚です。
阿曽さんは私たちが色選びに時間をかけ、試し塗りを懇願したことを、やっかい、めんどうくさい客だと思いましたか?それを思ったら社名「あんしん」の信頼を損ねることにつながりますよね。正直、時折、安心感がもてないこともありましたが、誠意ある対応をして下さったことが、私どもがもっていたイメージに近づくことになり、満足を得られる結果につながったと思っています。
まだ、起業して間もないと聞きましたが「あんしん」とは客の立場に立ち、何が、どういうことが「あんしん」なのか是非、常に考えて頂きたいと切に願っています。

我が家を見る度に「あんしん工房」さんを思い出し、「この外壁や屋根の色にして良かった!仕上がりもいいぞ!」と満足の気持でいます。お金をかけただけあったと感じています。満足度100%です。

作業工程やBefore,Afterの写真のアルバムも頂き、良い記念になりました。有難うございました。
願わくば、最初の阿曽さんとの出会いから手続きは良かったのですが、最後にきちんと挨拶ができないままに、写真のアルバムをポストから手にしたことは、残念でなりません。はじめと終わりは大切ですよね。

まだまだ残暑厳しい折、くれぐれもご自愛下さい。益々のご繁盛をお祈り申し上げます。職人の皆様にも宜しくお伝え下さい。

とのとても有り難いお手紙を不思議なタイミングで頂き、いい工事をさせて頂いて本当に良かったと気持を新たにしているところです。職人さんにもすぐ電話を入れ、この様なお手紙を戴いたと話すと一緒になって喜んでくれました。

ただ写真アルバムと保証書の入った封筒をポストに入れましたのはご主人から「出掛けてばかりいるので、ポストに入れといて!」との申し付けの電話が有った為でした。

とても綺麗な奥様で思いやりの深さに感謝するばかりです。 合掌         阿 曽