あんしん工房・施工例・新着情報

2019/08/13
浦和のアパートも感動的な現場でした。
過去に二度塗装改修工事をされていたとの事で今回で三度目でしたが、この猛暑の中(特に埼玉は暑いです)、いつもの様にレギュラーのスーパー職人は疲れも見せず黙々と工程をこなし、今迄二回の工事では塗ってない傷み始めた箇所も下地処理や補修を加えて施工を行いました。
 ただ、過去二回の改修工事が建てた大手ハウスメーカーを通しての高額な施工の割には、見えないところは塗っておらず、建てたハウスメーカーが安心とは単なる妄想という時代となりました。

屋根・外壁・破風・雨樋・雨戸全てスパーセランですので今後、これまでの様に10年毎に塗り替えをしないで済みますので、オーナー様の好判断から収支が好転して行く事は自明と思われます。

36-s-1.jpg36-s-2.jpg36-s-3.jpg

2019/07/27
A 様邸 花見川区横戸町 7月24日完成
屋根外壁その他全てスーパーセランでの塗替えとなりました。

弊社では一番のお勧めはスーパーセランでの塗替えですが、お客様にも経済的事情が有るかも知れませんので格安タイプのスタンダートタイプとスーパーセランSタイプの2タイプのお見積書を提出致します。

ほとんどのお客様は喜んでスーパーセランSタイプを選択する場合が圧倒的に多いです。
何度も塗り替えにお金を使わずに済む事と塗りたてのキレイが数十年間も続く事を考えれば当たり前かも知れません。

35-s-1.jpg35-s-2.jpg35-s-3.jpg

2019/07/22
四街道市池花 T 様邸 7月3日完成 
全てスーパーセランで塗り替えSタイプ仕様となりました。
池花での弊社スーパーセランの工事は2棟目です。
かなり、屋根の釘が浮いており、ビスで3ケースも打ち直したのは初めてです。しかしこれをやっておかないと台風などの強風で屋根が飛ばされる危険もあるので120本の釘をビスに打ち直す手間はかなり大きいですが弊社を信じて工事を依頼して頂いた訳ですので、どの現場でも標準工事で追加請求も一切有りません。

玄関前の両側に有る柱のツヤを見て「新築時よりもキレイ!!」と最大の賛辞をお母様から頂きました。

この柱は弊社の職人さんは刷毛で塗りました。刷毛の跡が全く残らないので鏡の様に綺麗です、正に名人芸と言えるでしょう。

34-s-1.jpg34-s-2.jpg34-s-3.jpg

2019/07/18
24日からさいたま市のアパートの塗替えスタート
鎌ヶ谷市在住のお客様がスーパーセランを気に入って頂けた事で、ご自身の本宅の塗装とアパートをスーパーセランで塗り替えたいとの事で、先にアパートから始め、次に自宅の塗替えとなりました。

アパートやマンションなどは汚れて来ると入居率が悪化してしまいますので弊社なら少しの予算を足すだけで全てスーパーセランで塗り替えする事が出来て25年も30年も塗り替えにお金を使わずに済みますしその永い間綺麗なままで塗りたての美観を維持しますのでこれまでの様に汚れたままで、入居率が低下して収支が悪化してしまうという心配はしないで済みます。

ご自宅が汚れたり、傷んだりしてもご家族が我慢すれば済む問題ですがアパートやビル、マンションなどは収益を稼ぎ出す収益物件ですので汚れた建物に入居したい人も企業もおりませんので塗りたての美観が25年も30年も続く事はオーナー様にとって、これほど理想的な工事は無いでしょうが管理会社さんの利害から考えるとスーパーセランを下請けの塗装業者に勧める事は無いでしょう。
管理会社の手の平で踊っていてはオーナーさんの利益にはならないのに・・・・・。
2019/07/18
花見川区横戸町A様邸 外壁の調色(色合わせ)
ミサワホームで建てた大型住宅で雨で遅れていたが、やっと外壁の色合わせの日となりました。お客様はご夫婦とも白で塗り替えを希望されており、ただの白では品が無いとの親方のアドバイスも有り、同じ白でも三色を壁に塗って見せてお客様から「なるほど!」との感触を得て本塗りに入ります。

屋根外壁その他全ての部位にスーパーセランの塗装仕様です。

良く耳にする「こんな色のつもりはなかった!失敗した!」という事はあんしん工房では一軒も有りません。

32-s-1.jpg32-s-2.jpg32-s-3.jpg

2019/07/02
無料で〇〇に注意
良く目や耳にする同業者が使う言葉で無料で足場工事をします。
足場代だけで屋根塗装工事を無料で致します。
最近良く目にするわざわざ市民センターなどを使った無料市民講座なる怪しげな人集めのチラシなど冷静に考えれば何かおかしいと気が付くはずなのに簡単に乗るお客様が多いという事でしょうが結論から申し上げてタダほど高い買い物は無いという事です。

この手抜き工事が蔓延する荒んだ世の中で無料という言葉でお客を釣る様な業者はほとんど100%と言ってよい位悪質な業者です。
その様な業者は使う材料も職人も決して良く有りませんし、見積り内容も非常に複雑でわかりにくく、最初、高い価格で見積り価格を設定して、状況によっては、すぐ数十万円も割引を持ち掛ける手口が多く、その一つを見ても誠意の一かけらも無いという事です。
数十万円も割引きをするなら「最初の見積り価格は一体何だったのか?」という事です。

弊社は他の業者さんが使う材料価格の三倍〜四倍の材料代を材料屋に支払います。(スーパーセランの場合)、それでも人件費などの販売経費をほとんどかけないので他の業者さんの工事価格と余り変わらない価格で頑張って施工してますので割引の余地は殆んど有りません。

なので「他の業者はかなり値引きをして来た、御社も値引きを考えては?」と稀に聞かれる事が有りますが「ギリギリで見積りました。これが弊社の誠意です。もし、それが理解して頂けないのであれば、この話は無かった事で結構です。」とこの様にお話して帰る事にしてます。

数十万円も値引きをする業者が多いという事はそれに乗るお客様も多いのでしょうが、その代償は高く付くという事で間違いないでしょう。
私は見積り提出の後に電話する事は致しませんので、奥様に諭されて契約を申し出るお客様は幸いです。
 
出来れば小手先の変化球でお客様を騙すような文言を使って営業するのではなく、ウソの無い正しい営業でお客様と対峙して頂きたいものです。そうすればもっとこの業界も世間に認められ認知されると思うし、住み易い明るい世の中になると思うのですが・・・・・・。



2019/07/01
雨で順延続く四街道池花
池花では弊社スーパーセランの工事は二棟目となります。
屋根・外壁その他の部位も全てスーパーセランで塗装するSタイプですがもうそろそろ完了を目前にしながら雨が続き順延が続いております。

こちらの地域でも心無い業者の施工で塗り替えて数年しか経ってないにも拘らず、外壁の塗膜の汚れが普通でない住宅が目立ちます。

最近ではどの大手塗料メーカーであっても低汚染、超低汚染塗料とカタログに表示しておりますが早いか遅いかの違いで6年もするとしっかり汚れます。
しかし、このスーパーセランは無機塗料ですので塗膜が殆ど劣化しませんので20年30年と経っても雨が降る度に汚れが洗い流され塗りたての美観を守ります。

 劣化しませんので色褪せもほとんどしません。普通なら数年で色褪せする青色でもマリンスタジアムの外壁を見て解る様に16年経った今でも少しも色褪せせず鮮やかです、塗料にとって最悪の環境である海沿いでも色褪せせずに汚れも付かないのでから海から少し離れた場所では30年はキレイで鮮やかでしょう。
つまり、同じ頃に塗り替えを行ったご近所さんが次の塗り替えを行う時でもキレイなままですので塗り替えの必要は有りません。

素晴しいと言うか、凄い塗料です。

とても高価な塗料ですが弊社は営業マンを使わず、販売経費を必要最小限に抑えておりますので、他の業者さんのシリコンレベルの塗料を使った工事代金と同程度の価格で施工している場合が多い様です。

 どうぞ、他の業者さんでお見積りをお取りになって価格をお比べ下さい。仮に5万、10万高い場合が有ったとしても長期に亘ってキレイなままで塗り替えの必要が無いのですから考えるまでも無い選択肢です。
しかも、選り抜きの職人3名が入念の下地処理、補修の後に塗装工程に入りますのでこれ以上の工事は有りません。
2019/07/01
塗装業界の闇は深い
以前から感じていた事ではあるが、最近の塗替え業者の余りにも利益第一主義には閉口している。勿論、企業である以上利益が無くては始まらないが、まず、お客様の利益が守られずに、自社の利益だけを追求する業者が余りにも多く、街で行われている全工事の7〜8割に手抜き工事が行われているのではないか?と常々直感的に感じておりました。

最近、建ててから何度か塗替えをされている住宅の塗替えをさせて頂きましたが、2月15日に完了した美浜区真砂のK様邸、5月6日に完了した美浜区磯辺のN様邸、先日ご契約頂いた船橋市のE様邸の鉄部に下塗りが入っておらず、特にK様邸.N様邸は傷みが激しく、ケレン作業や補修にかなりの時間を割かなければならず、苦労の多い現場でした。
E様邸は前回の塗替えから8年しか経ってないのに、水切り部分の塗膜がペラペラと剥がれており、お客様に聞いたところ塗り替えして3年で剥げ始めたとの事で大々的なリフォーム工事をしてかなりの金額の工事代金を支払ったにも拘わらず下塗りも塗らない非常に悪質な
業者でした。
 3軒続けて全く別な業者にも拘わらず下塗りを入れず、ただ上塗りを塗っている訳で、下塗りを入れないのがもう当たり前になっており、私が直感的に感じていた7〜8割の現場で手抜き工事が行われているという見方は案外間違ってないと思いました。

それにしても世の中どうなっているのだろう。

このような傾向は営業社員を抱えて大々的にやっている大手の業者に多く見られる。
営業社員の人件費や事務所運営費、広告宣伝費などの販売経費に重点を置く余り、本来本当に必要な職人や材料を切り詰めて自社の利益を確保する為、職人も家族を守る為に赤字では終われないので手抜き工事に走るのだろう。

2019/05/31
5月30日完成の南花園Y様邸
み春野U様邸に続きスーパー職人三人の感動のドラマがございましたが、この掲示板に全て内容を載せられたのでは、それがいつも当たり前に思われては困るとの反発が有り、「我々はあんしん工房で工事をして頂けた事に対する感謝の思いから、この現場で少しでもお客様に喜んで頂ける事を探して自然体でやっているだけの事で最初から何でもサービス工事でやって貰えると勘違いされるのでは気が萎えてしまうし出来ない場合も有る」との声を受けてこの欄では余り具体的な事は載せない様にします。

具体的な事はお施主様から聞いて頂ければ解ります。

屋根・外壁・破風・軒天・雨戸・雨樋全てスーパーセランのSタイプ仕様です。
それにしても感動的な現場でした。

スーパー職人と聞きなれない呼称で表現しておりますが、圧倒的なハイレベルの仕事をしてくれる職人さんに尊敬の念を込めて呼びたいのです。皆様の目で他の業者さんの職人さんとの違いを知って頂く為にどうぞ見学される事をお勧めします。
特に建てて最初の塗り替えで失敗をしたくないのなら・・・。

28-s-1.jpg28-s-2.jpg28-s-3.jpg

2019/05/30
調色出来ない職人が多いので注意
そもそも、多くの改修工事の現場で皆様が目にする職人達は、タネペン(調色に必要な塗料)を持って現場に入っているのでしょうか?
仮にタネペンを持ったとして調色が出来るのでしょうか?

弊社あんしん工房のレギュラーで毎日現場に入っているスーパー職人三人は三人共調色出来ますが、職人に聞いた限りでは、一級技能士の資格を取っても調色が出来ない職人は多いと聞きました。
仮に調色が出来る職人でも手間が相当掛かりますのでタネペンを持たずに現場に入る職人が多いのかも知れません。
うちの職人から言わせると「タネペンを持たずに現場に入るなんて考えられない。」と嘆いてます。

弊社あんしん工房の現場では、お客様が気に入らない色で終わる現場は有りませんので安心です。
これと、これと、これでどれが良いですか?と実際に壁に何色も調色してその場でお客様に見て貰い色合わせしますので大丈夫です。

残念ながら殆どの現場では、お客様が決めた色を塗るだけの心無い業者が多いのが実情です。